カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

焼酎のおいしい飲み方

◆ピュアでハードな感覚「ストレート」
原酒や初留取り、無ろ過などの濃い味、ハードな味、優美な香りのものは、そのままストレートで味わいたいものです。常温でも冷やしてもそのピュアな味わいは変わりません。

◆はんなりと心が和む「ぬる燗」
ぬる燗は芋焼酎の飲み方としては、ポピュラーな方法の一つです。ぬる燗にすることで、焼酎のアルコールが飛び雑味がなくなり、口当りの優しい焼酎へと変わります。

◆シャキッとした口当り「ロック」
ロックにしてシャキッと冷やすことで、味にシャープさとキレが際立ちます。ドライでダイレクトな口当りがロックの醍醐味です。フルーティな香りのあるものは特におすすめです。

◆豊かに膨らむ香り「お湯割り」
お湯で割ることで、本来の香りが豊かに引き立ち、そしてやわらかく広がり、マイルドで繊細な味を堪能できます。体にも自然に受け入れられて、とてもナチュラルです。

◆爽快なのど越し「水割りと割り水」
焼酎を水で割るその割合は、人それぞれ。水で割ることにより、焼酎がソフトになり爽快なイメージを与えてくれます。夏場は水で割って寝かして冷やして飲むのも楽しみ方の一つです。

◆まろやかで上品な甘味「メイプルシロップ割り」
上品な甘味が焼酎と絡み合ってまろやかな口当たりになります。季節を問わず温めたり、お湯割り、またロックや水割りでお楽しみください。柑橘系をグラスの縁に付け回して香りづけしさらに爽やかに……。

◆爽快な味わい「柑橘スライス添え」
薄くスライスしたレモンやライム、ゆずなどをたっぷりグラスに入れて焼酎を注ぎ、かき混ぜずにいただきます。爽快な風味が心地よく広がります。

◆爽やかな風味「フルーツロック」
皮をむいたリンゴやメロンなどはさいの目に切って、ブドウやグレープフルーツは皮をむき、そのままをグラスに氷と一緒に入れてゆっくりと焼酎を注ぎます。爽やかな風味が口いっぱいに広がります。

◆きりっとした口当たり「ジンジャー割り」
お好みの分量をおろしてそのままをロックや水、お湯と割ります。焼酎の中で泳ぐおろしたジンジャーが舌にきりっとさわり格別です。ぜひお楽しみください。

焼酎グラス ジパング
画像は「匠の蔵 至高の焼酎グラス ジパング」


         ↑ 「匠の蔵 至高の焼酎グラス 商品一覧ページ」はコチラをクリックしてご覧下さい。

ページトップへ